• 大手前栄養学院専門学校公式サイト
  • サイトマップ
  • サイトポリシー

TOPへ

老人保健施設で働く大手前専門学校卒業生にインタビュー

訪問ケアという将来も視野に地元の高齢者の方たちのために働ける幸せを実感しています

栄養学科卒業生中野さんメイン画像1 栄養学科卒業生中野さんメイン画像2 栄養学科卒業生中野さんメイン画像3

テーブルコーディネートの勉強から食の世界にどんどん興味が広がりました

テーブルコーディネートを専攻していた短大で、将来の仕事の幅を広げるために受講した、フードコーディネーターの資格対策授業のなかに栄養学がありました。その授業を受けるなかで、世間の健康への関心の高まりにともなって、今後ますます栄養に関わる仕事への社会的ニーズが大きくなるであろうことや、専門知識を持っていれば就職にも有利だということを知りました。
 そこで、思い切って進路を考え直し、再進学して栄養士をめざすことにしたのです。両親には短大の学費を出してもらったので、次の進学費用は自分で払おうと決めて、短大卒業後に1年間アルバイトしてお金を貯めました。
 進学先に大手前栄養学院を選んだのは、地元の奈良から交通の便が良かったのと、学校の雰囲気が明るかったからです。学校見学に行って、在校生のみなさんが一生懸命に、楽しそうに勉強している様子がわかりました。就職率の良さにも魅力を感じ、ここなら再進学する価値があると思いました。
 入学してみると、高校新卒者はもちろん、大学出身者や社会人経験者など、いろんな経歴のクラスメイトがいました。入学後の行事でみんなでUSJに遊びに行って、年齢や経歴に関係なく一気に仲良くなり、それからは、栄養士になるという共通の目標に向かって、お互いに励まし合いながら一緒に勉強を頑張りました。
 密度の濃いカリキュラムで勉強はたいへんでしたが、パンや味噌、ベーコン、ソーセージなどを作る食品加工の授業が好きで、楽しく実習したことを覚えています。また、化学の授業では各種の専門機器を使った実験をおこない、貴重な体験ができたのもよかったですね。ただ、化学の計算は苦手で、放課後の図書館でよく友達に教えてもらったことも、今は良い思い出です。

  • 老人保健施設で働く卒業生の本文画像1

卒業生への手厚いバックアップを受けて働きながら管理栄養士の国家試験に合格

  • 老人保健施設で働く卒業生の本文画像2

就職活動では、老人福祉施設と児童福祉施設から内定をいただくことができました。どちらが自分に合っているのか迷いましたが、ボランティアで高齢者施設のおせち料理作りをお手伝いしたときに、入所者のみなさんから聞いた深いお話に感銘を受けたことを思い出し、老人福祉施設への就職を選びました。
 施設で働きはじめると、入所している方がまるで自分の家族のように感じられて、いずれは自分を育ててくれた地元の奈良で、高齢者の福祉に役立ちたいという感情が芽生えるようになりました。そして後に、地元の病院に併設された、高齢者のリハビリを主体とするこの施設に転職。管理栄養士の資格を生かして、医師や看護師、理学療法士と連携し、食の面から入所者のみなさんの健康をサポートしています。
 管理栄養士の国家試験には、3年の実務経験を積んで受験資格をクリアして挑戦、合格しました。学校が卒業生を対象に月1〜2回開講する対策講座に欠かさず出席し、国家試験の要点や勉強のコツを教えてもらったのが功を奏したようです。教室でなつかしいメンバーと再会し、わからないところを教え合ったり、悩みを相談し合えたのもプラスになりました。卒業しても学校のバックアップを受けられるのは、やっぱり心強いですね。
 管理栄養士の資格も取得し、地元で高齢者のために働くという願いもかなって充実した毎日ですが、さらに、在宅ケアや訪問指導をおこなったり、地場の食材を使った高齢者のための料理教室を開くといった新たな目標の実現に向かって、これからもどんどん積極的に取り組んでいきたいと思っています。

夫婦でマラソン大会に出場しています

栄養学科卒業生中野さんオフタイム画像1 栄養学科卒業生中野さんオフタイム画像2 栄養学科卒業生中野さんオフタイム画像3

栄養士の仕事をするようになってから、体形維持とリフレッシュのためにランニングを始めました。管理栄養士の国家試験に合格してからは、マラソン大会に出場するために、本格的な練習をスタート。結婚後は夫婦でマラソン大会に出場しています。奈良マラソンで完走する目標も達成できたので、名古屋ウイメンズマラソンで記録更新を狙います!

※記事内容はすべて取材時のものです

卒業生インタビュー本文終了