• 大手前栄養学院専門学校公式サイト
  • サイトマップ
  • サイトポリシー

TOPへ

保育所で働く大手前専門学校卒業生にインタビュー

子どもたちのおいしかったよの声が励み。保育所の仕事はやりがいがいっぱい

管理栄養学科卒業生細川さんのメイン画像1 管理栄養学科卒業生細川さんのメイン画像2 管理栄養学科卒業生細川さんのメイン画像3

食べることが大好きでめざした栄養士。進学してみたら理系の勉強が多くてびっくり

子どもの頃から、おいしいものを食べるのが大好き。食に関わる仕事がしたいと思い、進路を考えました。そして、料理の勉強もできそうだし、栄養のことでも勉強してみようと、なんとなく地元・金沢で栄養士養成の短大に進学したのが始まりです。
 ところが、入学してみたら、苦手な数学や化学など理系の科目が多くて、びっくりするやら、戸惑うやら。それでも、食にまつわるさまざまな授業を受けるうち、いつの間にか理系の勉強も面白く感じるようになっていました。
 そんななか、この分野で活躍するには、栄養士より上級資格の管理栄養士を持っているほうが有利だと知ることに。就職して3年実務経験を積み、国家試験を受ける方法もありましたが、とても働きながら勉強を続ける自信はありません。そこで、就職にも強く、管理栄養士の勉強もできる専門学校の3年次に編入して、学生のうちに国家試験に挑戦する道を選択。地元には対象となる専門学校がないため、中部から関東・関西までエリアを拡げて探し、学費の安さと雰囲気の良さで、大手前栄養学院への編入学を決めました。
 大手前の学生時代は、両親にまた学費や生活費などの負担をかけてしまうので、なんとしても2年で管理栄養士の資格を取ろうと、ひたすら勉強に専念しました。知らない土地での初めての一人暮らしで心細かったですが、クラスのみんなが、私にやさしく親切にしてくれたのが嬉しかったですね。
 実習では、姉妹校の大学のゴルフ部員を相手に栄養指導を経験。ライフスタイルや食生活、冷蔵庫に何が入っているかということまで聞いて、栄養学の面からアドバイスさせてもらいました。相談者の一人ひとりを知って適切な食生活を考えることの大切さを、初めて実感できた機会でした。

  • 保育所で働く卒業生の本文画像1

新しい保育所の立ち上げに参加。子どもたち1人ひとりに合わせた給食が自慢です

  • 保育所で働く卒業生の本文画像2

就職活動は楽ではありませんでした。インターンシップで経験した保健センターでの健康指導で、お年寄りから幼い子どもまで幅広い年代の人たちの相談に応じることに魅力を感じ、保健センターへの就職を志しましたが、求人倍率があまりにも高く挫折。管理栄養士試験の合格発表後も就職活動を続けていました。
 そんな時に就職課から紹介されたのが、保育所の仕事です。最終的にはフィットネスクラブや給食会社からも内定をいただいたのですが、食べることが大好きだった自分の子どもの頃を思い出し、保育所で働くことを決意。子どもたちにおいしいご飯やおやつを食べてもらいたくて、調理はもちろん、献立作成や、スタッフの役割分担、衛生管理など、管理栄養士の仕事に一生懸命に取り組みました。
 そして、3年ほどの経験を経て、現在の仕事場となる、同じ系列の新設保育所の立ち上げに給食部門の責任者として参加。食材を注文する業者の選定から、約100名の子どもたちの昼食とおやつの献立作り、調理、衛生管理、事務処理などのすべてを任されることに。たいへんな仕事でしたが、無我夢中で取り組み、なんとか軌道に乗せることができました。
 現在は、他のスタッフとの作業分担を確立し、乳児から5歳児まで、離乳食からアレルギー対応食まで、子どもたち一人ひとりに合わせてお昼ご飯とおやつを作っています。それが私の自慢ですね。また、離乳食や普通食、アレルギー食によって食器の色を替え、アレルギー食はトレーに除去する食材のシールを貼るなどの工夫によって、これまで誤食ゼロをキープ中。「おいしかったよ〜!」という、子どもたちのかわいい声を励みに頑張っています。

近場を旅行して美味しいものを食べるのが楽しみ

管理栄養学科卒業生細川さんのオフタイム画像1 管理栄養学科卒業生細川さんのオフタイム画像2 管理栄養学科卒業生細川さんのオフタイム画像3

食べることが好きなので、休日にはおいしいものを求めて近場を旅行しています。先日友人と一緒に泊まった海辺の旅館では、新鮮な魚介類がおいしくて感動しました。伝統的な懐石料理は盛りつけが素晴らしく、栄養学的にもバランスが良くて、勉強になります。

※記事内容はすべて取材時のものです

卒業生インタビュー本文終了