おおてまえぴいぷる教職員メッセージ石川和江先生

おおてまえぴいぷる教員職員メッセージ石川和江先生

  • 大手前栄養学院専門学校公式サイト
  • サイトマップ
  • サイトポリシー

大手前栄養学院教員先生メッセージ

あなたの夢を実現するために私たちと一緒に学びましょう

石川和江先生のメイン画像1 石川和江先生のメイン画像2 石川和江先生のメイン画像3

結婚後に食への興味から調理専門学校に進学。卒業して同校の調理実習助手となるが、夫の転勤にともない退職。その後、大阪に戻ることになり、今度は栄養士免許取得をめざして大手前栄養学院に再々進学。ここでもまた卒業して助手となり、さらに非常勤講師を経て2014年から専任教員に就任。調理師。管理栄養士。担当科目は食品衛生学実験。
趣味は、旅行、ショッピング、映画や美術館に行くことなど。また、野菜の品種改良を研究する夫の仕事の関係で、家に野菜がたくさんあり、それを生かした新しい料理のメニューを考えることにはまっているのだとか。座右の銘は「迷ったらとりあえずやってみる」。

実験を通して、食品衛生の知識をより深く理解してもらうことをめざしています

子育てがひと段落した頃、大阪市内での両親との同居を開始することになり、食に関係する仕事に就けたらという想いで、栄養士免許が取得できて通学もしやすい大手前栄養学院を見学。家族のすすめや協力もあって入学することに。当時も学生と先生の距離がとても近く、お互いが声を掛け合える風土があって、わからないことがあったらすぐに質問できたり、悩みごとなども気軽に相談できる、素敵な雰囲気を持った学校でした。また、専門学校なのに盛大な学園祭があったりして、キャンパスライフも充実して楽しかったです。
 幸い、卒業を前に実験の助手として学校に残ることが決まり、食に関係した仕事に就くという目標を果たすことができました。その後7年にわたって生化学実験や食品学実験の助手を務め、その間、管理栄養士の国家試験に合格。

石川和江先生の仕事写真1 石川和江先生の授業写真2

学校に残って8年目に非常勤講師となり、さらに3年後、専任教員に採用されました。担当の食品衛生学実験の授業では、食品添加物や食品、衛生などについての実験を通して、栄養士として必要な食品衛生の知識をより深く理解してもらうことをめざしています。実験後のレポート提出はたいへんかも知れませんが、実際に目にしたり触れたりしたこと、その時の疑問や感想を丁寧に記録することで、学んだ知識をしっかり自分のものにできるはずです。
 大手前には、やりたいことを応援してくれる先生や先輩たちがたくさんいます。あなたの夢を実現するために、私たちと一緒に学びましょう。

お気に入りの逸品ボックス1

石川和江先生愛用のスマートフォン

文章で伝えにくいことも写真を撮れば一目瞭然 お気に入りの逸品ボックス2

私のお気に入りは、スマートフォンとスマホケースに付けた静電気除去グッズです。スマホは電話やメールはもちろんですが、ネットでいろいろなことを調べたり、電子書籍を見たりできるところが便利で良いですね。文章で伝えにくいこともスマホで写真をとれば一目瞭然ですし、本当に助かります。特に私はiPhoneが好きで、何代もiPhoneばかり機種変更して使っています。それと、私は静電気がたまりやすい体質なので、車を運転するときなどに静電気除去グッズがたいへん役に立っています。これも私の必須アイテムです。

※記事内容はすべて取材時のものです

教員メッセージ本文終了

TOPへ