おおてまえぴいぷる教職員メッセージ加川稚佳子先生

おおてまえぴいぷる教員メッセージ加川稚佳子先生

  • 大手前栄養学院専門学校公式サイト
  • サイトマップ
  • サイトポリシー

大手前栄養学院教員メッセージ

栄養士をめざす皆さんの最初の一歩をサポートできたら嬉しい

加川稚佳子先生のメイン画像1 加川稚佳子先生のメイン画像2 加川稚佳子先生のメイン画像3

大手前栄養学院専門学校卒業。管理栄養士。給食経営管理論・同実習、献立計画論、NR・サプリメントアドバイザー対策講座などの科目を担当し、栄養士養成の実務教育で第一線に立つ。学生時代は実習や実験の課題レポートを書くのが楽しみだったというほどの学校好き。面倒見がよくクラスのお母さん(かーさんと呼ばれていた)的存在だったキャラクターは、今も変わらない。
休日は、観葉植物の手入れやガーデニングに時間をかけるほか、ゆったりと本を読んで過ごすことも。また、近年は不要なものを捨て、シンプルに生きる「断捨離」に目覚めて整理の基準が明確になり、片付け上手になったという。座右の銘は「千里の道も一歩から」。

一生懸命に学ぼうと健気に頑張る学生たちがかわいく愛おしく全力投球で応援しています

大手前の卒業生で大先輩でもあったゼミの先生から「一緒に働きませんか」と声をかけていただいて、卒業と同時に研究室の助手として勤めたのが、大手前でのキャリアのスタートです。病院の栄養士を希望していたので少し迷いましたが、先生の熱意に押されて学校に残る道を選びました。
 こんなに長くお世話になるとは思っていませんでした。その時代は、何年か働いたら寿退職が常識で「2~3年くらいかな」とわりと気楽に考えていましたね。でも、学生たちの面倒をみるのは大変でしたが、授業の準備や段取り、様々な専門教科の先生方と接することが出来るこの仕事が年を重ねるごとに面白くなりました。また、仕事をして間もなく大阪で「栄養改善学会」と言う大きな栄養士の学術学会があり、研究室の先生方と研究発表をさせて頂く機会に恵まれました。テーマを決め、調査し、考察を重ねて行くと言う過程がとても刺激的で、この経験が今の私を支えています。

加川稚佳子先生の仕事写真 加川稚佳子先生の授業写真

 実習時の指導で特に力を入れているのは、衛生管理を徹底させることですね。食に携わる者としての基本です。また、自己の健康管理も重要です。例えば、私は牡蠣が大好きですが、ノロウィルスに感染の恐れがありますから食べませんし、生肉も食べません。栄養士が食中毒を起こしてはね。学生には、健康管理も重要な仕事だと伝えています。教員としては、厳しい指導にもしっかりついてきてくれる学生たちを頼もしく思いますし、ひとりの先輩としては、一生懸命に学ぼうと健気に頑張る学生たちを、いつもとてもかわいく、愛おしく感じています。また、卒業生が活躍している姿を見ると誇らしく思います。
 人生に目的があるのはとても素敵なこと。その目的に向かって目標を立て、一歩一歩進み行くことは、いつの間にか自分を成長させ、大きな力になっていきます。これから栄養士をめざすそうと考えている皆さんの、その最初の一歩をサポートできたらとても嬉しいです。

お気に入りの逸品ボックス1

加川先生愛用のiPad

朝の通勤時にiPadで新聞を読むのが至福の時 お気に入りの逸品ボックス2

私のお気に入りの逸品は、iPad。自分のスケジュール管理をはじめ、それぞれに忙しい家族との連絡にたいへん役立っています。もちろん食事の写真撮影、記録にも便利。わからないことはすぐにネット検索で解決。GPSのおかげで方向音痴な私でも、初めて行く場所に迷わずたどり着くことができるようになりました。そして何よりも、朝の通勤電車で誰にも邪魔されず、iPadでデジタル新聞を読めるようになったこと。これが一番の収穫ですね。1日のなかで最も嫌いだった通勤時間を至福の時に変えてくれました。もう自分にとって毎日を過ごすうえでなくてはならないものになっています。

※記事内容はすべて取材時のものです

教員メッセージ本文終了

TOPへ