おおてまえぴいぷる教職員メッセージ李明鎭先生

おおてまえぴいぷる教員メッセージ李明鎭先生

  • 大手前栄養学院専門学校公式サイト
  • サイトマップ
  • サイトポリシー

大手前栄養学院教職員メッセージ

大手前の学生はとてもまじめ。教えがいがある学校です

李先生のメイン画像1 李先生のメイン画像2 李先生のメイン画像3

出身地・韓国の成均館大学薬学部、ソウル大学校保健大学院を経て、公害病の研究のため神戸大学大学院に留学。日本での研究活動や暮らしが気に入り、大学院卒業後もそのまま同大に残って助手、講師を歴任。その後、大手前栄養学院専門学校の教員に就任し、現在は併設の大手前大学でも授業を担当。優れた栄養士・管理管理士の育成に手腕を発揮している。
専門は公衆衛生学。医学博士。現在は日本国籍を取得し、神戸市在住。趣味は映画鑑賞と音楽を聴くこと。特に最近は海外のR&Bやヒップホップ系ミュージックが好きで、はまっているのだとか。

この学校に入って良かったと思ってもらえるようにすることが使命です

大学に勤めて研究中心の毎日を送っていた頃、非常勤講師として大手前栄養学院で講義を受け持っていました。その頃から、ここの学生は勉強に取り組む姿勢がとてもまじめで、それでいて朗らかで明るいので感心していました。学校の雰囲気も良かったので、教員採用の話があったときに、今後はこの学校で教育に専念しようと決めたのです。
 さて、本校には、高校新卒者から大学卒業者、社会人経験者まで、さまざまな年齢、経歴の学生が入学してきます。必然的に、入学時には学力の違う学生が混在することになるので、最初は全員にわかるように基礎から丁寧に教えるようにしています。一方で、こまめに小テストをおこない、点数の良い学生はしっかり褒めてあげるとか、クラス全員のやる気に応えられるようなさまざまな工夫をし

講義風景 実験

ています。また、例えば、視覚から頭に入っていくように、スライドやアニメーションを使ったり、そのなかに空欄を設けて学生にも考えさせたり、学生の興味をより引き出すこと、授業に集中させることに、いつも気をつけています。
 栄養の整った食事は、人びとが健康な生活を送るためにとても身近で大切なことです。本校の学生や卒業生にも、ご家族が何かの病気になったことがきっかけで、栄養士・管理栄養士をめざしたケースは少なくありません。そうした学生も含め、同じ目標を持って、助け合い、励まし合って学ぶ学生たちを、私たち教員は全力でサポートしなければなりません。すべての学生に、この学校に入って良かったと思ってもらえるようにすること。それが私たちの使命です。

お気に入りの逸品ボックス1

スライドを操作するリモコン内蔵のレーザーポインター

李先生お気に入りの逸品画像 お気に入りの逸品ボックス2

授業ではよくスライドを活用します。教科書の内容等が視覚的に覚えやすくなるメリットがあるからですが、教員がスクリーンや機材から離れにくいデメリットもありました。そこで、このレーザーポインターを使うことにしました。このレーザーポインターはリモコンを内蔵しているので、スライドを遠隔操作で動かしながら教室内を歩き回ることができます。私が学生の近くに行って、顔を見ながら説明や質問をすることで、学生たちの緊張感も増し、集中力を高めることができるのです。これは私の授業に欠かせない、まさに秘密兵器という感じのアイテムですね。

※記事内容はすべて取材時のものです

教職員メッセージ本文終了

TOPへ